独学の特徴

マンション管理士試験の勉強法には「独学」「通学」「通信」という3つの方法があります。

このページでは「独学」の特徴についてまとめてみました。

<独学の特徴>

  • 費用を安く抑えることができる。
  • 自分に合った教材を選ぶことができる。
  • 自分のペースで学習を進めることができる。

以上が、独学の特徴になります。
まず、費用の安さに関してですが、通学または通信でマンション管理士試験対策講座を受講すると5~10万円ほどかかりますが、独学の場合、必要なのは市販のテキスト代+模試の受験料くらいですから、費用を1~2万円程度に抑えることができます。

次に、教材に関してですが、マンション管理士は人気資格ですから、市販のテキストもたいへん充実しています。実際に書店で見比べながら、自分に合った教材を選ぶことができれば、その後の受験勉強が大いにはかどることも期待できます。

最後に、学習ペースに関してですが、いつでもどこで好きなときに好きなだけ学習ができる点は、独学の魅力のひとつです。

ただし、上記のメリットがすべてデメリットに変わる危険性があるのが、独学の怖いところです。

確かに、一発合格できれば、費用は安く抑えることができます。
しかし一般的に、独学の合格率は、通学・通信の合格率と比べて低いと言われていて、合格までに数年を要する事態も考えられます。そうすると、毎年買い替える必要がある教材の代金もかさみ、結果的に費用が高くつく可能性もあります。

また、教材については、市販のテキストにも質の高いものは多くあります。
しかし、通学・通信講座のテキストは、マンション管理士試験の受験のプロが作っているだけあって、一日の長があります。
受験指導校や通信講座のなかには、テキストのサンプルをホームページ上に掲載しているところもあるので、市販のテキストとぜひ比べてみてください。

そして、「自分のペースで学習を進めることができる」というのが一番のクセモノで、特にマンション管理士に初めて挑戦する受験生が、何のガイドもなく学習を進めるのは「無理」とは言いませんが、「かなり困難」と言って良いでしょう。マンション管理士試験は、合格率10%未満の難関試験なのですから。


>>予備知識がない人でもマンション管理士に一発合格できます<<

  • 通学講座なら
  • 正攻法で広く深いカリキュラムが用意されている老舗通学講座。腰を据えてじっくり勉強するなら。
    96,000円~
    【資料請求】
  • 通信講座なら
  • 講義動画で通学と遜色ないカリキュラムを実現。絞り込んだ学習範囲で効率よく合格したいなら。
    32,550円~
    【資料請求】