学習スケジュール

「基本テキストの選び方」「過去問・六法の選び方」のページでは、マンション管理士試験の受験対策に必要な教材について解説しました。
教材が一通りそろったところで、このページでは、それらの教材を使った実際の学習スケジュールについてアドバイスしたいと思います。

まず、マンション管理士試験に合格するために必要な学習時間は500~700時間と言われています。時間に幅があるのは、受験生ごとに、事前の知識量に差があるからです。不動産業界経験者であれば500時間もあれば足りるでしょうし、まったくの初学者であれば700時間くらい必要かもしれません。以降、間を取って「600時間」ということで、話を進めていきます。

600時間の学習をこなすのに最適な受験勉強期間は半年です。それよりも短いと、アウトプット学習の時間が足りなくなる恐れがありますし、逆にそれより長いと、モチベーションの維持が難しくなります。

半年で600時間、すなわち月100時間ペースの学習に不安を覚える受験生もいるかもしれませんが、平日に2時間ずつ、土日に8時間ずつの学習時間を確保できれば、ノルマをクリアすることができます。

さて、学習スケジュールを立てるにあたっては、まずは6ヶ月を「基礎学習期間」「応用学習期間」「直前学習期間」の3つの期間に分けます。
ここで注意したいのは、3つの期間の長さは三等分ではない、ということです。「基礎学習期間」3ヶ月、「応用学習期間」2ヶ月、「直前学習期間」1ヶ月を目安に、学習スケジュールを立ててみてください。

はじめの「基礎学習期間」では、基本テキストを用いたインプット学習を中心に行います。ただし、ひとつの単元が終わるごとに必ず、過去問を使ってアウトプット学習も行うようにしてください。そうすることで、知識の定着を促進させることができます。

つづく「応用学習期間」では、過去問、さらには予想問題集の類を用いたアウトプット学習を中心に行います。ここでは、同じ問題集を何度も繰り返し解くようにしてください。そして何度も間違える箇所が、あなたにとっての「弱点」ということになります。「応用学習期間」では、正答率以上に、この「弱点」のあぶり出しが重要になってきます。

そして最後の「直前学習期間」では、苦手科目の克服に努めます。「応用学習期間」であぶり出した「弱点」を中心に学習して、万全の状態で、試験本番に臨めるように準備してください。


>>予備知識がない人でもマンション管理士に一発合格できます<<

  • 通学講座なら
  • 正攻法で広く深いカリキュラムが用意されている老舗通学講座。腰を据えてじっくり勉強するなら。
    96,000円~
    【資料請求】
  • 通信講座なら
  • 講義動画で通学と遜色ないカリキュラムを実現。絞り込んだ学習範囲で効率よく合格したいなら。
    32,550円~
    【資料請求】